【テレビの音声無線化】おすすめのBluetoothトランスミッター、レシーバー

この記事は約5分で読めます。

テレビを集中してみたいときにヘッドフォンを使いたい、でもテレビは離れた位置に設置するので有線ケーブルは不便です。

そこでテレビの音声出力をBluetooth経由で行うことにしました。

今回導入したのはこちらです。

【光デジタル端子】TaoTronics Bluetooth トランスミッター レシーバー aptx-LL 低延遅 Bluetooth 5.0 受信機 送信機 15時間再生 2台同時接続 充電しながら使用可 一台二役 小型 TT-BA09

スポンサーリンク

開封

Bluetoothトランスミッターを開封します。

付属品は各種ケーブル類と取説です。

本体側面にはトランスミッターとレシーバーの切替、出力の切替セレクタがついています。

本体の背面には各種端子が搭載。

設定

ペアリングを実施する際は、本体の電源ボタンを2タップします。

合わせてヘッドフォン側もペアリングモードにして近づけるとすぐにペアリングできました。

今回ペアリングしたのはWH-1000X M3です。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック

まとめ

今回はテレビの音声をBluetoothで無線化しました。

設定後安定して動作しており、遅延も気にならないレベルでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました